2011/02/09

2011/02/04 PCXで369km 02/05 納車9日後1,000km点検

2011/02/04
PCXで369km走りました。
いつものGS-Aオイル馴らしルート420km走った気でいましたが、かなりショートカットしてました。
Odo値変かな思ってMapSaurceで走った道をトレースしたら369kmでした。
twitterで嘘ついちゃいました。
読んで下さった方々申し訳けございません。

拙宅から甘露煮の「川魚瀬下」まで、国道4号バイパスから125号経由で旧4号に乗り換えて友沼で渡良瀬遊水地に向かいます。
共水鰻重久々に食べました。

水戸の中華料理店に向かうのに、ふと思い立って「ツインリンクもてぎ」を経由することにしました。
栃木市鹿沼市宇都宮市を経由して祖母井(うばがい)から茂木町へ。
南側の駐車場入口を経て城北町を抜け、水戸ゴルフクラブを左に見て双葉台団地を抜けて「満珍楼」で夕食。
赤塚のJOMO改めENEOSで給油、PCXもライダーも腹いっぱいで重いです(笑

国道50号で浜田十字路まで、そこから只管国道6号を東京に向かいます。
急ぐ旅ではないので超遵法運転で南下するのですが世の中お急ぎの方が多いようで1車線だと煽られるし2車線だとブッちぎられるし原付で大人しく走るのは危険です。
銀座を抜けて皇居を右に見て半蔵門から四谷に。
「イタリアンダイニング ラルゴ」でお茶しました。

ラルゴオーナーのキャビーナと交換して大田区のオーナー邸まで。
夏にKTMのDUKE125が手に入ったら買い上げて貰う話が有って…。
8万km近く乗ったキャビーナと交換して12km都心のワインディングを走ったのですが、屋根付き高重心のキャビーナの方がスタンディングスティルし易いし、コーナーリングも安定していますし、ブレーキの利きも良いし「前世紀の遺物と比べて最新型が劣るのか~」とガッカリする反面、100kg超の友はPCX俄然気に入ったようで「本田って凄いメーカーだなぁ」と。

小生が不満なタイヤのグリップと、ブレーキの弱さと、シートの座布団の腰当たり、が彼には殆ど気にならないそうで…。
巨漢が乗ったりタンデムしたりであれば接地圧が高まってタイヤのグリップが増すので転がり抵抗の軽いタイヤが適していますし、ブレーキだって適度に弱い方が…やはり雨は心配だと言ってましたが寝かさなければ良い訳で…タイヤはエッヂまで満遍なく使わないと、というのがスクーターの乗り方としては間違っているのでしょうね。

環八大廻りして拙宅に帰り着いたら4時でした。


2011/02/05
納車9日後1,000km点検

GarminZumo660用にmicroSDカードを「ヨドバシAKIBA」で買いました。
価格コムで最安値を調べたら店頭売価の6掛け程度!
余りにも値段に開きが有るので交渉して数百円まで差を詰めて貰いました。
青梅街道環八大廻りして本田夢東浦和に着いたら偶然ピッタリ1,000km

エンヂンユニットがフレームから脱落して走行中にバラバラに分解するんじゃないかというような音がシート下から聞こえて来るので念入りに増し締めをして貰いました。
エンヂンオイルとファイナルギアオイル交換3回目。
流石にもう目立った金属粉は出ないようでファイナルギアオイル次は10,000kmで良いでしょう。
取扱説明書には初回5年後、以降4年毎に交換するように、と有りますが地球1周オイル交換無しでも壊れないのが本田という銘柄なんでしょうね。

FAZEとFORZA共用の「ナックルバイザー」を取り付けるのに純正ウィンドシールドの共締めカラーを削らなくてはならないので時間が掛かるというので向かいのディーラーMCで先に用事を済ませることにしました。
廃車にした2ストリード100から外したGIVIのトップケースを代車用アドレスV125に着けて貰えればと思って供出したんですけどシート下が広いので要らないんだそうで…ラルゴのオーナーにその話をしたらZZRに使いたいってことに。


ディーラーMCに行ったらお待ちかねのGS-A用Wunderlich21インチフロントホイルが届いてました。
90/90-21のKaroo(T)も用意されていたのですが、リムがR100GS用で1.85インチ幅だったのでバルブ孔が極端に小さい!通常使う15mmバルブが絶対通せない8mmΦでした~おまけにベアリングは打ち込んであるのにフロントアクスルカラーを当てるダストシールが有りません(笑
タイヤ組めたらGS-Aに乗り換えて装着可否を確認しようと思いきや更に部品待ち。

バランサーに取り付けてホイルだけで廻して貰ったら振れは気になりません。
リム幅が狭いとクロススポークも高精度で組めるんでしょうね。
標準2.50-19と4.00-17は新品でも振れ取りが必要ですが「io-WheelService」に頼むのは暫く走ってからで充分のようです。


GIVIケースを提げて本田夢に戻るとオプション取り付け完了してました。
カラーはディスクサンダーで寸を詰めたとのことでしたが見事な納まりです。
リアシートにケースをネット固定して前乗りでラルゴオーナー邸へ。
奥方に渡して愛娘に手を振ってラルゴに向かって四谷で食事して…懐かしい常連客を見送って早めに帰宅しました。

2 件のコメント:

Marlowe さんのコメント...

いよいよWunderlich21インチ到着ですね。
楽しみですね。

ViveLaBibendum さんのコメント...

Marloweさま
ホイルが来てからが長いです。

ダストシールは打ち込めましたが純正バルブが共廻りしてしまって全く締め込めません。
折り良く入庫していたHP2Eも1.85-21リムでしたがバルブにフランジとゴムのブッシュを追加して空気漏れしないように工夫されている様子でした。

拙宅在庫のオーリングとワッシャを探している内にアホらしくなってGALE SPEED ストレートエアバルブを註文しました。
8.5Φバルブ孔用のゴムバルブが有ればスポークに石を巻き込んだ場合に最適なんですけど無さそうですし。

ブレーキローターも未着ですしそれよりも何よりもタイヤを組んでフェンダークリアランスを確認出来るようになるのに来週を待たなくてはならないのが…

抜けたリアサスペンション交換で仕上がりは月末になりそうです。
サス馴らしは神戸往復1,300kmが良いですかね。