2010/08/28

2010/8/25~26 父の遺作に宿泊

2010/8/25~26
父親の遺作に泊まって来ました。
父が図面を引いた旅館やホテルは高過ぎて滅多に泊まれませんが遺作は母の妹夫婦の別荘です。
近々実家のマンションを処分することになったので遺品の設計図集を預かって貰うことにした訳。

首都高は往復大渋滞、外環関越圏央中央道で小淵沢へ。
圏央道は行きも帰りも39℃殺人的暑さでしたがウィンドシールドから半身を乗り出したりスタンディングで走って放熱。
喉が渇く前に麦茶を呑みつつ走りました。
ハンドルに取り付けたボトルホルダで冷茶が燗になるのには笑うしかありませんでしたが出発前にマイクロロン処理をしたお蔭でエンヂン快調、油温も上がりません。
2度目の処理ですが高いだけのことはあります。
振動も音も抑えられて、フュエルライン洗浄より余程良いですわ。

涼しい高原からの復路はマジ辛かった。
戻って普段あまり好きになれないエアコンを強にして水呑んで氷喰って熱中症治療しました。
術前に心臓止まったら洒落にならんです。

それにしても叔母に用意して貰った朝採れの夏野菜は旨かったですわ。

2 件のコメント:

Marlowe さんのコメント...

お父様は建築家だったのですね。
今年はビバンダムさんにとって、色々と辛い事が
重なってしまいましたが、もうひと踏ん張りしたら
次のステージが待っていますよ。

それにしても暑いですね。
ご自愛下さい。

ViveLaBibendum さんのコメント...

Marloweさま
温かい励ましのお言葉ありがとうございます。
暑い割りに心が冷えて来たので何より嬉しいです。

もうひと波乱有りそうですが、白馬のゲレンデでスリップダウンしないようにジワっとトラクションかけたように、慌てず騒がず人生前向きに考えて2010年を乗り切ろうと思います。